味噌づくりの失敗を前向きに考えるポジティブシンキングなわたくし

author photo

Byほんたべ

IMG_9181_2018032710233725c.jpg
大豆と麹と塩だけでおいしい味噌になるんだから不思議だよなー。
すげーカンタンなのに自分でつくらない人の気がしれない(暴言)。



わたくし、ここ25年ほどほぼ毎年手前味噌をつくっております。

2kgの大豆と2kgの麹でできるミソは約9kg弱。
ちゃんと計ったことはありませんがだいたいそんなもんでしょう。
これが一年でなくなります。

わたくしの家では毎年9kg弱の味噌を食べているつーことでしょう。

毎年いまごろ味噌がなくなるので去年仕込んだ味噌を開け、
来年の分を仕込む、というのを繰り返して数年経ちます。

ちょうど昨日、今まで使ってた味噌が終わりました。
開けてみると味噌の上部には3色くらいのカビが生えまくっていましたが、
わたくしは今まであまり気にしたことがありませんでした。

カビは味噌の上部に置いている焼酎に漬けた和紙の上に生えます。
和紙を取り除くとカビもきれいに取り除け、ピカピカの味噌が出てきます。
これは24年ほど前に思いついたオリジナルカビよけ方法で、
うまいこと機能しており失敗したことはありませんでした。

よくある味噌のレシピでは上部にラップをぴっちり張るとありますが、
そうすると、ラップの下にカビが生えるのです。白、黒、青の3色のカビが。

カビは好気性菌なので味噌の内部には入り込めませんが、
味噌の表面のカビの菌糸が味噌のどこまで伸びてるかわからないので、
変色した部分をこそげ取って廃棄する必要があります。

そのロスがけっこう大きくて、味噌がもったいないと思ったのが
焼酎和紙を編み出した理由でした。
ラップの際には2センチくらいこそげますが、
焼酎和紙の場合、1センチです。変色がそこまでだからです。

ということで、今年もたいして気にせず和紙をはがそうとしましたら、
和紙が味噌にへばりついてさらっとはがせませんでした。

うっ。悪い予感。

和紙がビリビリに破れるとカビの胞子が味噌にくっつきます。
用心深くはがしたら、なんと、味噌がボソボソなのです。
そう言えば昨年仕込むとき、ちょっと水分が足りないかも。
と思ったことを思い出しました。

毎年わりとゆるめな味噌ができていて、底の方に醤がたまるので、
水分を控えめにつくってみようとちらりと思ったのでした。

つまり、水分が足りなかったのです。

さらに悪いことにホーロー容器の側面と味噌の間に隙間があいています。
乾燥して水分が抜けたからでしょう。案の定、側面にカビがついていました。

うぎゃあああ!!!

頭のなかでぐわわわわああああと叫びつつ、側面の味噌をこそげると
2kgほどありました。叫びは止まらず依然ムンク状態のわたくし。

わたくしの家で消費する味噌9kg-2kg=7kg。
ということは今年の冬で自家製味噌が終わってしまいます。

これから仕込む味噌を冬に開けてもいいのですがもう少し熟成したい。
でも買うのはなんかやだ、ってのは手前味噌作った人ならわかるでしょう。
人がつくった味噌など食べられませんよ(頑な)。

(゚∀゚)(茫然自失)

そしてわたくしはふと思いました。
昔の人は自分ちの味噌を失敗したらどうしてたのかと。

つくる分量がアホみたいに多いから失敗したら取り返しがつかないのでは。
家族の食べる味噌汁の味噌がなくなってしまったらどうする。
姑にネチネチいびられそうです。(そこじゃなくて)

そう言えば、産地まわりをしていたとき、よくこんな話を聞きました。

収入源になる出荷用の作物は父ちゃんがつくるけど、
家族のくいりょう(自家用の野菜とかのこと)づくりは母ちゃんの仕事。
家族が飢えないよう、健康でいられるようにするのが母ちゃんの仕事。

だから、自家用野菜の種取りも母ちゃんの仕事。
母ちゃんが翌年の家族の健康と食事を決めるのだ、と。

この時代に何言ってんの、と言われるかもしれませんが、
わたくしは今でも「なるほど理にかなっている」と思っています。
自家用の野菜づくりも種取りも「家族への愛=無私の愛」があるからこそ、
「よりいいもの」を自然に、フツーにつくることができるでしょう。

目先の欲に囚われて作業が雑になりがちな男衆には、
こういったことはできないような気がします(暴言)。

お店に行けば味噌どころかだし入り味噌も売っているのですから、
足りなくなれば買えばいいことなのは事実です。

しかしわたくしは、この便利な現代、なんでも売ってる今の日本で、
味噌ごときの失敗でチョー落ち込めて、アホみたいだけどかえって良かった!
なんちて、ポジティブシンキングで立ち直ろうとしています。

脳のどこかでムンクがまだ叫んでいますが、もう気にしません。

ま、とりあえず、味噌を失敗するなんて主婦としては失格ですよふふふふふん。
今年の味噌は水分たっぷりでつくろうっと。


関連記事
Share

Comments 3

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2018/03/27 (Tue) 23:24 | EDIT | REPLY |   

ドルフィンスマイル  

手前味噌づくり

秋田の潟上市の耕さない田圃のファームガーデンたそがれさんのワークショップでは、上に酒粕を乗せるようにしてました!

せっかく習ったのに、使ってなかったので、残念な人ですね!
頑張ります!

2018/03/27 (Tue) 23:25 | EDIT | REPLY |   

ほんたべ  

Re: 手前味噌づくり

ドルフィンスマイルさん、コメントありがとうございます。


> 秋田の潟上市の耕さない田圃のファームガーデンたそがれさんのワークショップでは、上に酒粕を乗せるようにしてました!

Facebookのお友達からもその情報いただきました!
詳しく聞いて、今年仕込むのからやってみようと思います。

酒粕が接しているところの味噌がいい味になるそうです。
カビとかよりもそっちが楽しみ!!!

2018/03/28 (Wed) 10:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

456789'.split(''),s='';for(var i=0;i