FC2ブログ

2018年産の米が不作でヤバイんじゃないかという懸念

author photo

Byほんたべ

04051_20181022120232a2c.jpg
つやつやの新米。おいしいっすよねー。「米があるのがあたりまえ」なんていう
日本人の思い込みが今年はもしかしたら思い込みだったことが判明し愕然とする、
なんてことにならないよう祈っています。


「新米」のニュースがちらほら聞こえてくる昨今ですが、気になることがありました。
Facebookのお友だちのお米農家の投稿で「収量が少ない」というのをちらほら見かけるのです。
なんとなくイヤな予感がします。もしかして今年の米、ヤバイんじゃないの。

ここで思い出す産地担当時代の話。

ほとんどの野菜農家は作物がうまく行っていないとき、そのことを話したがらない
という傾向があります。中には畑に行くのもやめちゃう人とかもいます。
家庭菜園レベルでも失敗したら足が遠のきますから、理由はなんとなく想像できます。
自分の畑がダメになってる&うまくできなかったことを見たくないのです。

米農家でも収量が減ってることをことさらに人に言う人はいないと思うのですが、
何人かの米農家が「○割減」みたいな投稿をしています。しかも米どころ東北方面で。
作況は北海道の不作予想以外、9月15日時点では「平年並み」。
http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kome/attach/pdf/index-56.pdf

ほんとに平年並みなのかなー。

9月15日というと、台風21号に被害は未確定、24号はまだ上陸していない段階です。
ちょうど収穫期を迎えていた地域もあるはず。それは反映されていないはず。

ということでちょっと取材してみました。

・山形県内陸部の米農家の話

しょっぱなから驚愕の発言「今年の米は1993年の不作よりも不作」
ヒイイイイイイーーーー(゚∀゚)
「だいたい5~3割減」という彼の声はあくまで暗くどんよりとしておりました。

「お米農家の3割減って大変なんですよ。まあ、サラリーマンでもお給料が30%とか減ると
大変だと思うけど、米農家ってカツカツでやってるところが多いから、
借金が返せなくて立ちいかなくなることもある。だからもう大変。どうしたらいいかわかんない」

3割減ということは、収量が1反(10アール)あたり420kg(7俵)だったら294kg(5俵弱)。
米価格(仮渡金)1俵13,500円として7俵だと94,500円のところ67,500円。
もし1ヘクタール作ってたとしたら27,000円×10で270,000円マイナス。

おおおおおお。米価格が安すぎてピンと来ないけど大変でしょう3割減。

お米は一年一作の作物ですから、サラリーマン的には翌年のお給料がごっそり3割減
と考えるとわかりやすいかもしれません。
サラリーマンなら転職するとかどうとかも可能ですが、農家はそうもいかないでしょう。
「どうしたらいいかわかんない」という彼の気持ちもよくわかります。

山形県の場合、収量減は旱魃・空梅雨が大きな理由です。

米が太る登熟期には太陽光と水が必要ですが、水がないと光合成がうまくできず太ることができません。
旱魃に不作なし、とよく言われますが、水がなければ不作になるのです。

田んぼの取水制限も行われるなか、地域でなんとか水をやりくりしたそうですが
雨がないのはいかんともしがたく、結局米が太れず厚みのない米になってしまった。
山形県はこの旱魃で、ぶどうやりんご、ラ・フランスもあまり良くないところが多く、
農家にとっては厳しい年末になりそうです(T_T)

・お米やさんに聞いた話

「北海道・秋田・新潟・山形が2~3割減。とくに北海道は5割減の地域もあるけど、
宮城・福島は平年並み。西日本は台風の前に収穫した早場米にほぼ問題はないけど、
遅く収穫される米が24号の被害で2割減になってるところもあってあんまりよくない。

作況指数は今後修正が入ると思うけど、全体で見た場合、1993年ほどのパニックには
ならないんじゃないかなー。みんなお米食べなくなってるしねー」

今年は減反が廃止になった初めての年で、飼料米をつくるのをやめた人もいますから
作付面積自体は増えているという影響もありそうです。

が、しかし。

コメ業界ではすでに「不作だよね」情報が駆け巡っており、
今後米価格が上がることを見越して買い占めとかする商社もあるかもです。
そうなると市場に出回らなくなりますから、コメ不足にますます拍車がかかるでしょう。

お米やさんは「パニックにならないと思うよー。他に食べるもんあるしね」とおっしゃるのですが、
消費者は、ふだんは米を食べないでパンやパスタを食べていても、
「米が不作で足りなくなるかも」と聞くと俄然米が食べたくなるものです。

1993年の不作時に起きたことを考えれば、今後「不作」と報道されたらどうなるか。
でも、パニックが起きたらこの際たまりまくった古米をブレンドして出すとかで
在庫一掃できて意外といいんじゃない? とかちょっとだけ楽観的なことも思いつつ、
懸念が懸念のままで終わるといいなーと思ったりもしています。

こういうとき、農家から直接買ってる人は米価格も安定していて安心ですから、
不安な方は今後そういう取り組みをなさってみてはいかがでしょう。

いずれにしても、商社の買い占めは許さん!!


関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply

456789'.split(''),s='';for(var i=0;i