FC2ブログ

『バーフバリ』を見るなら『王の凱旋』が絶対におすすめ!!!!

author photo

Byほんたべ


さあ、一緒に歌いましょう!! バリバリバリバーバリ!!(わかるのはそこだけ)


『バーフバリ』とは日本では2017年に公開されたインド映画です。

昨年の夏WOWWOWでパート1『伝説誕生』2の『王の凱旋』が続けて放送されました。
『バーフバリ』のなんたるかをまったく知らなかったわたくしですが見てしまいましたうっかり。
それ以来、心底『バーフバリ』の世界及びバーフバリ様に夢中です。

そして昨年末、再びWOWOWOWで日本語吹き替え版と字幕版が再放映されました。
もちろん全部録画です。
「吹き替え版と字幕版」を録画したのは人生初。どんだけ入れ込んでるのか自分、って感じです。

『バーフバリ』はバーフバリという名のマヒシュマティ王国の王の3代にわたる物語で
『伝説誕生』では3代目のマヘンドラ・バーフバリ、
『王の凱旋』では2代目アマレンドラ・バーフバリが主人公です(一代目は写真だけ)。

演じるのはどちらも同じ、おっさん顔が魅力的なプラバースという
タミールナードゥ州チェンライ(元マドラス)出身の男優です。

『バーフバリ 王の凱旋』

アップになるとどこからともなく必ずそよ風が吹き黒髪が風になびくバーフバリ。
衣服も常に風になびいてます。まるでスーパージェッターのスカーフのようです。
「どこから風が?」とか「昭和?(゚∀゚)」なんちて思ってはいけません。
シヴァ神のご加護に違いないからです。なにしろバーフバリはシヴァ神の化身なのです。

どう見ても「ムリだよね」というチョーあり得ない戦闘シーンの数々、
降り注ぐ敵の矢が全くあたらない、象に乗ってでかい矢を射るのをはじめ、
弓に3本の矢をつがえて一気に射る(もちろん全部敵に当たる)とかの
「絶対絶対ムリだよね」というシーンも、見れば見るほど全然納得です。

「バーフバリなら絶対にアリ!!!」って気が、必ず、必ずしてきます。
全てシヴァ神の・・・(以下同文)。

つーことで、完全に時流に乗り遅れて騒いでいるわけですが、
『バーフバリ』はなんと昨年の夏も秋も「絶叫上映」されていました。ううううう。早く言ってよ。
「絶叫上映」とはロッキー・ホラー・ショーをコスプレして見に行くようなもんでしょうか。

わたくしもサリーを来て行きたかった! そして絶叫したかった!!!!
しかしテルグ語は全然わからないので「パリパリパリバーバリ!」しか歌えません(泣)
歌詞をマスターしたいのでCDを買おうかと思っているところです。

ちなみに『バーフバリ』はインド映画では珍しくテルグ語が使われています。
「ムトゥ」などのボリウッド映画ではヒンディー語が使われているそうなので、
どっちかというとマイナーなはずなのですが、あまりにもヒットしたため、
ヒンディー語版、タミル語版が作られました。

インド人の3人に1人が見た!と宣伝文句に書いてありますが、この3つの言語で足りたのでしょうか。
なぜならわたくしのインドバイブル『河童が覗いたインド』に、インドには共通語はなく、
インド全土でなんと20種類以上の言語が話されていると書いてあった気がするからです。

あと、テルグ語がどのあたりで話されているのかよくわかりません。
プラバース氏の出身がチェンナイなので、あのあたりで話されているのかも。

そう言えば、出てくる俳優が北インドのアーリア系の激美女激美男というより
南インドに住む人々のまーるい顔の人が多いのも『バーフバリ』の特徴でありましょう。
おっさん顔のバーフバリはもちろんですが、妻のデーヴァセーナ王女も、
母親のおっかないシヴァガミ様もまんまる顔をしています。

そこもバーフバリの魅力でありましょう。というか、
わたくしは南インドに行ったことがあり、まーるい顔の人々に
とても良くしてもらったので、よけいに好感を持つのかもしれません。

つーことで、見てみようかと思った方にオススメなのは、二本のうち、断然『王の凱旋』です。
『王の凱旋』の特撮及びストーリーの完成度が『伝説誕生』をはるかに凌ぐからです。

さらに『王の凱旋』だけでもある程度ストーリーがわかりますから、
時間がなければ『伝説誕生』を見なくてもとりあえずいいか!! って感じです。
映画としての完成度、人間の描き方も『王の凱旋』が奥深く、完璧であります。
悪役のバラーラデーヴァの悲哀なども描きこまれていて同情を誘います。

もちろんバーフバリのカッチョ良さ、神っぷりも断然『王の凱旋』です!!

あとは『伝説誕生』で老婆になっているアマレンドラの妻デーヴァセーナ姫が
アマレンドラを魅了する若く美しく、戦う姫君として登場します。
このデーヴァセーナ姫がものすんごくすばらしい!! のも『王の凱旋』をオススメする理由です。

つーことで、全く興味ない人には全然響かない「バーフバリ愛」を全力投入して
年始にまためまい症が出てふらふらりんになりつつ書いてみました。

あなたにもシヴァ神のご加護がありますように。

プライム・ビデオで見られるみたいです。
でもでかい画面の方が絶対にいいと思います。


関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply

456789'.split(''),s='';for(var i=0;i