FC2ブログ

スーパーで有機卵を見てつらつらと考えた有機と飼料の話

author photo

Byほんたべ

gazou 004
わたくしはごはんが大好きで、卵かけごはんも大好きなので、そればっかでもOKです。
てな食事をしてたら太りましたから、ある意味危険な食べものと言えるかもしれません。
卵の黄身が白めの「「THAT'S国産卵」。時期によってはもっと白いこともあります。



卵が好き。というか、卵かけごはんが大好き。なのでおいしい卵が好き。
つーことでわたくしは大地宅配の「THAT'S国産卵」を購入しております。
この「国産」の意味は国内で鶏飼ってるとかではなく飼料が全部国産って意味です。

国産飼料100%で鶏飼えるの? とすぐに思った方は畜産事情に詳しい方でしょう。
なぜなら日本の畜産業界は海外からの穀物飼料にほぼ頼りっぱなし。
日本における畜産業界の飼料はほとんどがアメリカのトウモロコシ及び大豆で、
トウモロコシが不作になると飼料がすぐに高騰し、畜産農家を圧迫します。

2009年頃のオーストラリアのトウモロコシ不作では大変なことになり、
飼料米の昨付(米の減反の転換作物とかで)、飼料米を使った飼養管理などに
さまざまな補助金がたんまり出たことは記憶に新しいところです。
飼料米はその後も継続してたんまり出ていて、最近ようやく一段落ついた感じです。

昨今はトウモロコシの作柄が順調なため、一時期激減していた輸入量が元に戻りました。
畜産物を安価で売るためには飼料価格を安く抑える必要があります。
とくにトウモロコシ飼料は肉や卵の味のもとになる飼料ですから、
単純に「代替として飼料米を使えばいい」というような話ではありません。
というような理由で、トウモロコシへの依存度は高まるばかりです。

さて先日、わたくし、大地宅配の注文をサボって卵の備蓄がなくなってしまい、
平飼卵を求めて近所のスーパーめぐりをしてみました。そうしましたらなんと。
数軒のスーパーで有機卵が売られているではありませんか!! すげー。
「有機JAS認証」を取得した卵です。スゴイ、スゴすぎる。

有機畜産には飼料の決まりごと以外にも、抗生物質が使えないとかあれこれ決まりがあって、
アニマルウェルフェア的な視点も加味した設備とかも必要で、とても大変そうです。
どれぐらいめんどくさそうかと言うと下記のサイトを見るとよくわかります。

飼料についてわかりやすい農水省の資料
有機畜産物及び有機飼料のJAS規格のQ&A

飼料には穀物以外にも卵の殻を作るカルシウム分とか青菜(ビタミン類)とか
いろんなものが必要ですが、鶏卵の場合、やはり主となるのは穀物です。
穀物=飼料米でもいいじゃんかと思われるかもしれませんが、米にはカロテン分が少ないので
卵の黄身にくっきりとした色がつきません。また、味もあっさり味になります。

トウモロコシが含まれていれば、トウモロコシのカロテンで黄色くなります。
ビタミン類添加でもなります。米を食っててもかぼちゃを食わせれば黄色くなります。

つまり卵の黄身の色は餌で自由自在に変えられるってことなのですが、
オレンジ色の黄身が栄養価が高い気がするのはなぜでしょう。とくにそうでもない、
と思うと、卵の黄身の色は単に「気分」なのではないかという気がします。

わたくしが食べている国産飼料で育てた鶏の平飼卵の黄身は白いのですが、
玉子焼きにするとけっこうな白さになりイマイチおいしそうではありません。

048_2019011818430571f.jpg
畜産で有機が一番取得しやすいのは牛乳だそうです。なぜなら、牛は草が主食だから。
飼料の割合を牧草主体にし、おやつで食べる穀物を有機にすればOKなんですって。
しかし非常に割高になるのはいかんともしがたく、ニーズがあるのかっていうとどうでしょうか。


しかし肉でも卵でもなんでもそうですが、生き物は食べたもので味が決まります。
毎日早朝から煮た国産大豆と田んぼの草、自家製サイレージを混ぜて作った飼料を食べて、
鶏舎でのんびり他の鶏をいじめたりつついたりしてる鶏(THAT'S国産卵)の卵は、
配合飼料を食べてる鶏の卵のように配合飼料のニオイがしません。
黄身の色は白くても、食べてみればおいしいので、全く気になりません。

でも子どもは白い玉子焼きはキライです。オトナでもキライとか言う人がいて、
このあたり、よく言われる「目で味わう」みたいなことなのかもしれません。
てなことはどうでもよくて、有機飼料は国産ではなかなか手配できないでしょうから、
おそらく有機卵の飼料はほぼ、輸入された有機穀物ではないかと思います。

2012年に牛乳やさんに聞いた話では、有機飼料は一般的な飼料の2倍するとのことでしたから
卵の価格的には単純計算して2倍。これに合わせて平飼の手間とか入れると
2.5倍くらいになってもおかしくないでしょう。というか、売ってた卵は6個で500円、
高いやつだと680円くらいのもありました。大変ですよね、としみじみ思います。

だがしかし。わたくしここにビミョーな懸念を感じるわけです。

有機卵、というか有機畜産はすんばらしい取り組みだし、有機のお肉や卵を食べたい人がいて、
そのニーズに応える必要もあると思うし、それぞれの事業主の思想もあるでしょうし、
とにかく大変だってのもよくわかるんですが、わたくしは根性がヒネ曲がってるのでしょう。

「有機穀物を輸入してまで有機畜産が必要なのか」
なんちて思ってしまうのです。

わたくしは、こ汚い鶏舎で毎日早朝からドラム缶で大豆を煮て、毎日隣の田んぼで草を刈って、
あまり味が一定していない自家製サイレージを作って、そういったものを全部混ぜて
日々朝から晩まで働いて一日も休まずに鶏にやってるあの人の卵を買いたいと思います。
それは全部国産だから、ってのと、あとまあ、その人が好きってのもありますけど。

輸入飼料を購入することは輸入国の資源(水・土)を収奪することにもなります。
それは商売だからいいし何を今さら言ってんのと言われたらそうなのですが、
わたくしはなんとなくそこんとこ、よその国から輸入してまで有機、という部分が
エゴというか利己的というか、そうまでしなくていいんじゃん? とか思ってしまうのです。

なので、スーパーで売ってる有機卵には手を出さず、ほんとかどうかわかんない
平飼卵を買って帰りました。高かったけどあんましおいしくなかったのは
配合飼料を食べてるからだろうと思います。卵の味は飼料で決まるからです。

ちなみに、豚は血統が2割、飼料が8割とむかーし養豚農家に言われましたが、
5割ぐらいは血統じゃないでしょうか。和牛の場合、サシの割合は血統、味は飼料だと
尾崎牛の生産者、尾崎宗春さんがおっしゃっていました。

つまり飼料はとても大切だってことです。
つーことで、有機卵。買わなかったけどおいしいのかしら。

ちなみに畜産物のなかで一番有機が取りやすいのは牛乳だそうです。
なぜなら牛は草を主に食べさせても、というか、もともと草を食う動物だから。
でも有機牛乳よりも山地酪農の牛乳のほうがおいしいのはなぜかしら。

関連記事
Share

Comments 3

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/02/05 (Tue) 16:20 | EDIT | REPLY |   

-  

平飼い養鶏をやっていたものです。春からまた再開しますが・・・。
御意見、私もそう思います。私は北海道という恵まれた地域に住んでいましたので、全てを国産でした。
規格外小麦、規格外餅米、魚粉、規格外大豆、規格外小豆、貝殻、これ全て北海道産でした。黄身の色は、南瓜がある時はそれなりにつきますが、無くなったら薄いです。でも宅配販売でしたから、理解していただける人が主な購入層だったので特に問題もありませんでした。時々、道内産ポップコーンなんてのもいただけましたよ。
廃鶏も、道内の燻製加工場に依頼して燻製販売しておりました。道内にはこういう平飼い養鶏家、とても多いです。

有機牛乳といっても、120℃殺菌してしまえば意味がないような気がしますがどうなのでしょう? 
北海道では、中札内の無殺菌牛乳、旭川の斉藤牧場、同じく旭川のクリーマリー農夢という牛5頭で経営している牧場、興部町の生キャラメルの元祖ノースプレインファームなんかが有名でしょうかね。

2019/02/16 (Sat) 23:54 | EDIT | REPLY |   

ほんたべ  

Re: タイトルなし

こんにちは。コメントありがとうございます。


> 平飼い養鶏をやっていたものです。春からまた再開しますが・・・。
> 御意見、私もそう思います。私は北海道という恵まれた地域に住んでいましたので、全てを国産でした。
> 規格外小麦、規格外餅米、魚粉、規格外大豆、規格外小豆、貝殻、これ全て北海道産でした。黄身の色は、南瓜がある時はそれなりにつきますが、無くなったら薄いです。でも宅配販売でしたから、理解していただける人が主な購入層だったので特に問題もありませんでした。時々、道内産ポップコーンなんてのもいただけましたよ。
> 廃鶏も、道内の燻製加工場に依頼して燻製販売しておりました。道内にはこういう平飼い養鶏家、とても多いです。


いいですねー。内地の平飼卵養鶏の人も、米を作ってる人とかは
自分のところの米や大豆をつかっているみたいです。
でも養鶏一本だと穀物を購入しなくてはらなず、大変なのでしょうね。

>
> 有機牛乳といっても、120℃殺菌してしまえば意味がないような気がしますがどうなのでしょう?


私の知ってる有機牛乳は低温殺菌でしたが、
超高温殺菌の有機牛乳なんてあるんでしょうか。
というか、有機の基準に殺菌法もあるのかな?
今度調べてみよう。

 
> 北海道では、中札内の無殺菌牛乳、旭川の斉藤牧場、同じく旭川のクリーマリー農夢という牛5頭で経営している牧場、興部町の生キャラメルの元祖ノースプレインファームなんかが有名でしょうかね。


5頭で経営が成り立ってるなんてスゴいですねえ!
お友達が北海道の大学に行ってたので、聞いてみます。
もしかしたら知ってるかも。

2019/02/24 (Sun) 15:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

456789'.split(''),s='';for(var i=0;i