FC2ブログ

作る人、売る人、食べる人、みんな満足できていますか?

author photo

Byほんたべ

089_20190916180308763.jpg
もう作るのをやめちゃったのですが、山形県の佐藤さんの原木巨峰(自根)のおいしさと
そのものの持つ物語はすんばらかしかったです。そのものが力を持っていないと
物語は意味がないのですが、この巨峰はそうではありません。あーもっかい食べたい。


農産物仕入れをやっていた頃、仕入れ価格はできるだけ安いほうが良かった。

農産物の販売価格は、仕入れ値に粗利や外部経費を乗せて計算する。
高いと売れ行きが悪く安いほうが売れる。いつの時代もどこも同じだろう。
仕入れ値は安いほうがいいに決まってるのだ。

一般的には、需要と供給のバランスで「市況」が決まり、売値が決まる。
品薄のときは高く、過剰な場合は安くなる。
市況があまりにも安くなると、農家にとっては出荷する箱代も出ない、
なんてことがあるから、出荷しないで畑にうなっちゃったりする。

もったいないと思うけど、農家的にはそのほうが経費がかかんなくていいのだ。

それに対して、生協や大地を守る会のように農家と直接取引を行っている会社では、
市況に左右されない「再生産可能な価格」で仕入れ値が設定されていることが多い。
再生産可能価格とは「有機農業の農家が心配なく翌年も農業が継続できる価格」という意味だ。

このあたりの用語に、そもそも「有機農業運動」という市民運動が出発点
という歴史が垣間見える気がするが、どうだろう。
このおかげかどうか、一般と比較して後継者が多いのが大地の生産者の特徴だった。

一般では、市況が安すぎるシーズンの終わりには必ず離農する農家が現れる。
「こんなんならもういいか。どうせ跡継ぎもいないし」って感じだろうか。

毎月必ず同じ額の収入があるサラリーマンは、支出の予定が立てやすいが、
農業はそうではない。ものすごく儲かる年もあれば、ガッカリの年もある。
不安定な職業に息子をつかせたくない、という言葉をわたくしは何度も農家から聞いた。
儲かっている農家以外の後継者不足は深刻である。

などときれいごとを言いつつ、実はわたくし、仕入れ担当だったとき、
担当産地の作物の値下げ交渉をかなり行っていた。

一般に比べて高くて売りにくい作物(とくに果樹)についてのみだが、
当時の値下げしてもらった農家には、いまだにその話(恨み言含む)をされる。

が、売り先がない場合、たくさん取れた場合は全部売るという条件もつけたりで
まあ、しょうがないね、ってな感じで値下げしてもらったが、
ゴリ推したこともあります。すんません。

0024_20190916180310d13.jpg
もうひとつ。定年後の就農でシャインマスカットの新しい仕立てを考え、
ものすごーくおいしいシャインマスカットを栽培し、言い値で売ってる五十嵐さんも
わたくしにとってのすんばらしい物語&実物の生産者であります。
この仕立ては現代農業にも紹介されまして、ほんとにスゴいなーと思う次第です。


売る側(わたくし)からすると、取引産地の作物がうまいこと全部売れるのが目標である。
売れるとうれしい。たぶん農家もうれしい(はず)。安いから消費者もうれしい(はず)。

消費者の喜びを増すのは、価格に見合ったおいしさなどの感動体験である。
その感動を補完する、あるいは呼び水になる「物語」を語るのがわたくしは得意だった。

いい農家には必ずいい物語がある。それをうまいこと伝えると売れる。
自分がすんばらしい!!と思ったことはそのまま文章に出るからよく売れる。
その物語に惹かれ、高いなーと思いつつも買ってみたらおいしくてビックリ!
というような手紙が来たりすると成功である。

作った農家も売ったわたくし(会社)も食べた消費者も、全員満足。いい話だ。

しかし、そんな経験は、仕入れ担当や情報制作をしていた頃もそんなに多くはなかった。
当時よりも「安いものに価値がある」的な今現在はどれほど存在するだろう。

ほんとうにおいしいから、おすすめだから、心から売りたいと思ったり、
売ることが楽しいと思っている流通がどれほどあるか。

自分の作物に自信があり、希望価格(あるいはそれに近いもの)で売れて
満足している農家がどれほどいるか。

「あーおいしかった! 買って良かった!」と心から思っている消費者がどれほどいるか。

現時点のわたくしは、3番目の消費者という立場にあるが、
そういうものと出会えるのは年に5回くらいではなかろうか。

そうでもないものに良さげな物語をつけて売ること全盛のこの時代に、
心からの言葉で紡がれた物語、農家の自信とまっとうな欲、消費者の感動体験、
この三つ巴の満足こそが、今こそ必要なんじゃないかなーとか思うのだが、どうだろう。

小さなウソをついて流通をコロッと騙したり、とにかく値下げ交渉ばっかやってたり、
安いものが大好きだからなんでも価格で判断したり物語に騙され続けたりしてると
何か感動とか心からのヨロコビとかを見失うのではなかろうか。

このような楽しい三つ巴体験をしてる人々がたくさんいるといいな。
そこからきっと、何か新しい価値観が生まれる気がするわたくしである。

関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply

456789'.split(''),s='';for(var i=0;i